ジャパネットたかたで散々煽っている「カタナゴルフ」はそんなに良いのか?



「カタナゴルフ」の評判

 

 

さて、いろいろなサイトのQ&Aにも書き込みがあります。Q:ゴルフを始めようと思っています。ジャパネットタカタでカタナゴルフ「スナイパーウッドSX7・13本フルセット」をジャパネット通常価格129,800円から2万円引きで109,800円になるみたいです。メーカー価格183,900円ですからかなりの値引きです。

 

ゴルフショップでは、テーラーメイド バーナー1.0セット79,800円や他メーカーで約6万円あたりのセットもありますが、違いがあるのでしょうか?この価格帯のクラスだとあまり差が無いのでしょうか?

 

こうした質問に対して、辛口の回答では、これ原価2万円ですよ。中古ゴルフ屋に行けば8年前に15万円だったアイアンセットが1万円。バック三千円で新古品、ドライバーは5年前6万円だといいものでも5000円。ヤフーオークションなら1円スタート。ですからとにかくこのチラシの商品は止めるべし。このようにバッサリやっています。

 

ちなみにカタナゴルフはもともと社長の道楽で始めた会社なのだそうで、かつては創造的なもの作っていたが、個別の商品では大手に太刀打ちできずに素人相手にきりかえたもの、とも書かれています。

 

Q:カタナゴルフのイメージを教えてください、という質問に対しては、記憶が定かではないが、初めて耳にしたのは20年位前で、ショップ業界ではとにかく飛ぶと噂でした。実際に他のメーカーより5ヤード~10ヤード位は伸びていました。最近では飛距離の差がどのメーカーでもなくなりましたが、未だにカタナのイメージは・飛ぶ・です。クラブ自体は大変すばらしい物です。

 

こうしたポジティブな回答もありました。いずれにしても、実際に手にしてみて確認するのが大切なのは間違いないでしょう。