ジャパネットたかたで散々煽っている「カタナゴルフ」はそんなに良いのか?



「カタナゴルフ」の変遷

 

 

「カタナゴルフ」は2000年ごろに上級プレイヤーの間では非常に人気が出たようです。それからどのように変化していったかというと、現在は、どちらかというと非力なゴルファー向け、シニア向けのクラブという感じになっているのではないでしょうか?飛ばし屋とされる人でもシニアがやはり多いようです。

 

事実関係としては非力なプレイヤーがカタナのドライバーを使用すると以前より飛ばせるようになることはいろいろな人で実証済みとなっているようです。逆にパワーのある飛ばし屋の人がカタナゴルフのドライバーを使うと少し引かれてしまう場合もあります。つまりそれだけ飛ぶということです。

 

カタナゴルフのドライバーは高級ゴルフクラブも発売されていますが、お手ごろなドライバーもあります。ただしカタナは当初ドライバーのみの発売で確かに飛びましたが、最近では他メーカーのものでもかなり飛びますから余り飛距離に差は感じないようです。

 

ある人の書き込みからですが、先日練習場で試打会をやっていて、他に客もいなかったので、いろいろな種類のクラブを打ったそうです。この人の場合は結論として買えないクラブだと批評しています。ロフトが8度と書いてあるのにものすごく弾道が高く、一番重くて硬いシャフトでもかなりの高弾道のようです。球を上げたいような人にはいいのかもしれません。打感は固い感じで、球を弾くような打ち方の人にはいいかもしれないとしています。

 

簡単に打てるクラブというなら、ゼクシオかサイバースターの方がいいとも書いていました。まあ、やはり非力な人の飛距離アップ、というのがいいも悪くもポイントのようです。